検索
  • Sanae

満たされた世界で


プリーザー=相手を喜ばせようとする


これは本当にやっかいなもので、脳にパターン化されつづけ

無意識の骨頂。


私はずっとこれをやっている

したいわけじゃない

してるつもりもない


だけど、私の基準は、「私」ではなくて「相手」なのだ

相手が望んでいることをしなくては、この人の答えに正解しなくては


そして何かを選択するとき


これを選べば、この人は喜ぶかもしれないけど、あの人は嫌がるかもしれない

そう無意識に感じているから

前にも後ろにも右にも左にも上にも下にも動けない


だからいつも動けずにいる



昨日のセッションで、グレース史さんに

「早苗ちゃん、私ね本当に満たされてるの。毎日綺麗な海もみれるし。

だからね早苗ちゃんが私を満たそうとしなくても大丈夫だよ。」


この言葉を聞いた時に

「あぁ、もう喜ばせようとしなくていいんだ」

と、心底ほっとした


足枷が外れたような感覚

きっと過去世も関係していた気がする


夜に布団の中で、史さんも満たされている、うちの両親も満たされている、みんな満たされている。

そして世界も満たされている。


満たされた世界で、私は何かを選択するとき私の基準で私が喜ぶことを選んでも

前にも後ろにも右にも左にも上にも下にも動けない私じゃない


みんな満たされていて、世界も満たされているから

私は喜ばせる必要はないもんね!


これからは、自分が何を望んでいるかを理解したいというより、

わかりたい


私は自分が望んでいることをわかる人になる



48回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

さんぽ。